一般社団法人ドライブレコーダー協議会

会長挨拶

一般社団法人ドライブレコーダー協議会 代表理事 会長 宮嵜拓郎

 当協議会は、自動車用ドライブレコーダーの効果的な活用に役立つドライブレコーダー製造・活用のプラットホーム策定・普及及び事故分析・事故予防の促進、行政機関等や関係者との情報伝達、またドライブレコーダーをはじめとするデジタル車載機器等を用いた交通安全に資する活動を行うことを目的に、神奈川大学工学研究所高安心超安全交通研究所の堀野定雄先生を初代会長として、民間有志の個人と法人によって2010年12月17日に任意団体として発足しました。その後、ドライブレコーダーの社会的な関心と有用性についての認識の定着を背景に、当協議会の活動をより活発なものとするため、2016年10月3日に法人格を取得し、一般社団法人となりました。

 当協議会は、ドライブレコーダーの製造又は販売を行う者、ドライブレコーダーを利用して事故分析、事故予防その他関連の業務を行う者及びその他ドライブレコーダー関連の研究又は教育業務を行う者を会員とし、交通安全、環境改善、犯罪抑制等に関し、より良い社会を実現するため、適切なドライブレコーダーの普及及び活用を推進することを目的とする一般社団法人です。また、当協議会の主たる事業は、(1) ドライブレコーダーを始めとするデジタル機器、当該機器の映像等を用いた交通安全に資する活動、(2) ドライブレコーダーの普及及びドライブレコーダーを用いた事故分析並びに事故予防の促進、(3) ドライブレコーダーの性能基準の検討及び策定、(4) 行政機関等とドライブレコーダー関係者の間の情報伝達です。当協議会の社会的使命は、ドライブレコーダーの基本技術及び応用実践技術の効率的な発展を支援することであると考えます。当協議会では、我が国におけるドライブレコーダーメーカー、関連業務に従事する方々、ドライブレコーダーで事故削減を図る業務に従事する方々等に協議会へのご参加・ご協力を仰ぎ、積極的な活動を行っています。関心ある皆様の積極的なご参加をお待ちいたしております。

 当協議会の発足以来、ドライブレコーダーは順調に普及し、多くの機種が出現し、自動車用品業界の注目商品になり、メディアに登場することも多くなってきました。営業用車両に装着されたドライブレコーダーの装着と教育の効果は着実に認識されつつあり、そのデータは研究機関にも提供されて事故防止などの研究に活用されております。一方、自家用車への装着率も向上しつつあり、交通事故の迅速な処理に活用される事例もあります。ドライブレコーダーのデータをビッグデータとして活用すれば、これまでにない交通事故の予防等に関するデータベースとして利用できる可能性があります。ビッグデータとしての集約等は、個人情報保護との関係もあって進んでいませんが、諸課題を解決しながら更なるデータの分析・活用法について調査・研究し、実用化していくことが望まれます。

 最近の事故調査においては、ドライブレコーダーの記録映像・音声などにより、迅速かつ客観的な交通事故の再現が可能となっています。近年発展著しい自動運転車には、これまでにない種類の事故が懸念されます。一般車にドライブレコーダーが普及する中で、自動運転車が関係する交通事故が起きた際に、自動運転中のシステムの作動状況や運転者の操作状況等を確認できなければ、原因や責任関係を適切に確定できないおそれがあります。自動運転車が関係する事故の原因を明らかにするには、ドライブレコーダーのような映像記録装置が必須といえるでしょう。

 また、先進運転支援機能(ADAS)、救急自動通報システム(D-Call Net)や2カメラによる運転者状況確認機能など、自動車の安全運転支援における先進技術の進歩は、ドライブレコーダーに新しい役割を与えつつあります。当協議会ではドライブレコーダー技術を交通安全の向上に資するため、(1) 利用者に分かり易い機能や性能の表示を促進し、製品の比較テストやユーザーにとって望ましい機能を満たす製品の案内などによってドライブレコーダーの更なる普及を促進すること、(2) 個人情報の保護に配慮しながら、ドライブレコーダーのビッグデータを交通安全に幅広く有効に利活用する方策を検討すること、(3) ドライブレコーダーに搭載できる将来に向けた安全運転支援技術を拡充強化する方策を検討すること等の活動を進めてまいります。

 今後とも関係の皆様の一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。