一般社団法人ドライブレコーダー協議会

会長挨拶

一般社団法人ドライブレコーダー 概要

 当協議会は、自動車用ドライブレコーダーの効果的な活用に役立つドライブレコーダー製造・活用プラットホーム策定、普及および事故分析・事故予防の促進、行政機関等や関係者との情報伝達、またドライブレコーダーをはじめとするデジタル車載機器等を用いた交通安全に資する活動を行うことを目的に、神奈川大学工学研究所高安心超安全交通研究所の堀野定雄先生を初代会長として、民間有志の組織によって2010年12月17日に民間任意団体として発足し、2016年10月3日に法人格を取得、一般社団法人となりました。

 当協議会の社会的使命は、このドライブレコーダーの基本技術および応用実践技術の効率的な発展であると考えます。当協議会では、我が国におけるドライブレコーダーメーカー、関連業務に従事する方々、ドライブレコーダーで事故削減を図る業務に従事する方々等に協議会へのご参加・ご協力を仰ぎ、積極的な活動を行っています。関心ある皆様の積極的なご参加をお待ちいたしております。

一般社団法人ドライブレコーダー協議会 代表理事 会長 小林敏雄

 当協議会は発足以来4年経ち、2016年10月には一般社団法人として法人格を取得いたしました。その間、ドライブレコーダーは順調に普及し、多くの機種が出現し、自動車用品業界の注目商品になってきました。メディアに登場することも多くなってきました。営業用車両に装着されたドライブレコーダーのデータは研究機関にも提供され、装着の効果は着実に認識されております。
 一方、自家用車への装着率も向上しつつあり、交通事故の処理に活用される事例もありますが、未だ、交通事故の予防等に関するデータベースの集約等は個人情報保護との関係もあって進んでおらず、更なるデータの分析・活用法についての研究の展開が望まれます。
 また、自動車の安全運転支援における先進技術の進歩はドライブレコーダーの新しい役割を与えてくれるかもしれません。当協議会ではドライブレコーダー技術を交通安全の向上に資するため
 ・利用者に分かり易い機能や性能の表示によってドライブレコーダーの更なる普及を促進すること
 ・ドライブレコーダーのデータを交通安全に利活用する方策を検討すること
 ・安全運転支援技術の効果を強化する方策を検討すること
等の活動を進めてまいります。
 今後とも関係の皆様の一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。