ドライブレコーダー協議会

交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度のご案内

制度概要

 本制度は、対象となるドライブレコーダーをご購入し、所定の方法にて事前登録を行った方を対象として、当該ドライブレコーダーを設置した車両で1年以内にレッカー搬送を伴う交通事故にあわれた場合に、ドライブレコーダーの再購入費用及び諸経費を補てんする目的で、ドライブレコーダー協議会より一律4万円の補償金が支払われる制度です。費用はメーカーが負担するため、ご購入者いただいた方には一切費用は必要ございません。

 本制度は事前登録制となっております。ご利用いただく際には必ず下記申込専用サイトよりお申込ください。

申込専用HP https://jdrc-omimai.sakura.ne.jp/

対象者

制度対象のドライブレコーダーをご購入いただき、所定の方法で事前登録を行った方。

補償内容

制度対象のドライブレコーダーをご購入いただいたお客様への補償内容は、下記の通りとなります。

補償範囲 1)ドライブレコーダーの再購入費用、
2)SDカード再購入費用。
3)ドライブレコーダーの撤去費用。
4)ドライブレコーダーの再設置費用。
5)交通事故証明の発行費用。
6)本件申請に関する資料及び物品の送付料。
7)その他、上記に関する諸経費。
補償金額 ご購入一製品につき一律4万円。
ご加入費用 無料(お客様の自己負担無し、メーカーが運営費を負担)。
補償期間 専用HPから申し込み後、翌日より1年間。
補償金の受取人 本制度に加入しているご本人様(死亡の場合は、法定相続人となります)。
補償対象となる事故形態 レッカー搬送を伴う自動車事故(被追突、盗難、故障による事故を除きます)。
補償金の申請手続 専用HPから申し込み後、翌日以降1年以内に補償対象となる事故が発生した場合に、「申請補償金申請書」を含む下記の申請時提出物を送付する。
申請時提出物 1)ドライブレコーダー本体
2)ドライブレコーダーの事故映像データの記録されたSDカード
3)警察が発行する事故証明書(写でも可)
4)レッカー搬送の証明書類
5)再購入されたドライブレコーダー等のレシート
6)記入・押印済みの補償金請求書(請求書書式は専用HPよりダウンロードいただけます)

対象となるドライブレコーダーの条件

1)消費者保護およびドライブレコーダー業界の信頼性確保の観点から、2014年9月17日に本協議会よりリリースした表示ガイドラインに準じた表記をおこなっていること。

2) 製品に1年以上の製品保証期間が付与されていること。

対象製品(2016年6月22日現在)

下記機種及びメーカーが対象となります。

メーカー名 機種名 リンク

対象となる製品には上記のマークが貼られています。
セルスター工業株式会社 CSD-350HD 詳細
CSD-360HD 詳細
CSD-390HD 詳細
CSD-560FH 詳細
CSD-570FH 詳細
CSD-500FHR 詳細
CSD-620FH 詳細
CSD-630FH 詳細
CSD-610FHR 詳細
株式会社ユピテル DRY-AS400WG 詳細
DRY-AS380M 詳細
DRY-AS370WG 詳細
DRY-S100 詳細
DRY-WiFiV5 詳細
DRY-FH96WG 詳細
DRY-mini2WGX 詳細
DRY-AS375WG 詳細
DRY-AS410WG 詳細
DRY-WiFiV3 詳細
DRY-FH97WG 詳細
hp(ヒューレットパッカード)
日本地域認定代理店
株式会社プロジェクト琉球
f500 詳細
f520g 詳細
f800g 詳細
f800x
f550g
f330s
f335
トヨタ部品大阪共販株式会社 TZ-D001
TZ-D002
株式会社JVCケンウッド KNA-DR300 詳細
KNA-DR350 詳細
KNA-DR500 詳細
DRV-410 詳細
DRV-610 詳細