ドライブレコーダー協議会

ドラプリ2016開催案内

日 時

2016年12月13日(火)開場12時 開演12時50分〜17時50分(交流会18時〜19時半)

会 場

日本大学 駿河台キャンパス 1号館6F CSTホール

※JR「御茶ノ水駅」下車徒歩3分/東京メトロ「御茶ノ水駅」下車徒歩4分/東京メトロ「新御茶ノ水駅」下車徒歩3分/都営「小川町駅」下車徒歩7分

※来客用駐車場はございません。公共交通機関でご来場ください。


赤色のバルーンが付いている場所です。大きな地図で見る場合はこちらをクリックしてください。

主催

神奈川大学工学研究所高安心超安全交通研究所(KU−WIRF ケーユー・ワーフ)、一般社団法人ドライブレコーダー協議会

後援(予定)

国土交通省、一般社団法人日本人間工学会、公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団、公益社団法人自動車技術会、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)、一般財団法人環境優良車普及機構(LEVO)、公益社団法人全日本トラック協会

参加費

無料 (資料代3000円) ※当日受付でお支払いください。

意見交換会

希望者のみ・参加費3000円(日本大学理工学部1号館2階カフェテラス)

お問合わせ

一般社団法人ドライブレコーダー協議会 事務局(株式会社リムライン 担当:尼野)
TEL:03-5753-0080 FAX:03-5753-0086

事前申し込みは不要です。参加ご希望の方は当日会場に直接ご来場ください。

当日のプログラム

12:00開場 12:50開演

開会挨拶 松浦 春樹(神奈川大学 教授、工学研究所高安心超安全交通研究所[KU-WIRF] 所長)

◆第1部 【講演】

  • 司会:鳥塚 俊洋(一般社団法人ドライブレコーダー協議会 理事)

13:10‐15:00

  • 「ドライブレコーダー映像活用による効果的安全教育」
  • 大慈彌 拓也(日本交通事故鑑識研究所)
  • 「軽井沢スキーバス事故から」(仮)
  • 平井 隆志(国交省自動車局安全政策課 課長)
  • 「事故防止に向けたドライブレコーダの活用事例」
  • 竹村 公一(SOMPOリスケアマネジメント株式会社 自動車コンサルティング事業部 特命部長)
  • 「高齢運転者対策の推進について〜高齢者講習においてドライブレコーダー等を活用〜」
  • 岡本 努(警察庁運転免許課高齢運転者支援室長 警視正)



◆第2部 【ドライブレコーダー協議会活動報告】

15:00‐15:30

  • 「ドライブレコーダー協議会の一般社団法人化」
  • 小林 敏雄(一般社団法人ドライブレコーダー協議会 代表理事)
  • 「ドライブレコーダー協議会の活動報告」
  • 尼野 良(一般社団法人ドライブレコーダー協議会 事務局)


15:30‐15:50 休憩(20分)

◆第3部 【講演】

13:10‐15:00

  • 「バス業界の取り組みと成果」(仮)
  • 相川 春雄(東武バスセントラル株式会社 取締役社長)
  • 「V2X(車と車・路側機・人が通信する安全支援システム)の普及にむけて」
  • 山田 貴範(豊田通商株式会社化学品・エレクトロニクス本部次世代モビリティ事業推進部テレマティクス事業グループ 課長代理)



◆第4部 【パネルディスカッション】

16:50‐17:50

  • テーマ:「交通事故のトラブルを無くす為に、ドライブレコーダーをどう活用出来るのか?」
  • 司会進行:龍 重法(一般社団法人ドライブレコーダー協議会 業務執行理事)
  • パネリスト:第1部・第3部講演者



17:50 閉会挨拶 吉本 堅一(一般社団法人ドライブレコーダー協議会 監事)

【意見交換会】 (希望者のみ・参加費3000円)

18:00‐19:30 会場:日本大学理工学部1号館2階カフェテラス