株式会社 堀場製作所

デジタルタコグラフからドライブレコーダーへ

当社は、独自の運行管理技術と長年培ってきた環境分析技術を活かして「安全」と「エコ」をキーワードに製品開発に取り組んでいます。

自動車メーカーでは、安全性能向上に加えて排ガス規制対応やエンジンの効率化など環境負荷低減に関する先進的な取り組みがなされています。より安全でエコなクルマ社会の実現に向けて、自動車性能の向上にあわせて、その自動車を操るドライバーの安全運転やエコドライブの意識改革が求められています。これらをいつも測定し「見える化」するドライブレコーダーの貢献が大いに期待されます。

トラックやタクシーをはじめとする輸送業界、及び個人に対してドライブレコーダーを普及推進することで、交通事故や環境負荷、輸送コストの低減など安全で豊かなクルマ社会を実現することが可能となるでしょう。

「測る技術」によってドライバーの意識をより高めることができるよう、当協議会が積極的に情報発信し、より安全でエコなクルマ社会の実現に貢献することを期待します。

社会にも人にも安全で豊かなクルマ社会。そんな未来を私たちの総合的なITソリューションの提案によって実現することを堀場製作所は目指しています。


株式会社 堀場製作所 http://www.horiba.com/jp/

copyright © Japan Drive-Recorder Consortium.